店主の四方山話                    TOPへ戻る




  

 第94話 今年の花粉症の話




 今年は、花粉飛散量が少ない

前年7月の日照時間短かったり平均気温が低いと、杉、檜の雄花が少なく花粉の飛散量は少なくなりますが、昨夏は冷夏でしたので今年の杉花粉の飛散量は、2004年は少量飛散になるようで、花粉症に悩む方には朗報です。


しかし、花粉に対して特に敏感だったり、ストレスが多かったり、疲れたりすると花粉の飛散量が少なくても症状がひどい方もいらっしゃいます。


 こんな人は要注意

    花粉の飛散量が多くなくても症状がとてもひどくなることがあります。

他の花粉症に悩む人よりも早く症状がひどくなってしまう方。
激しいスポーツをやり体力を消耗する方。
睡眠不足ぎみだったり、ストレスの多い方。


東洋医学では、花粉などのアレルゲンの侵入を「風邪(ふうじゃ)」の侵入として考えま す。花粉の飛散量が少なければ、「風邪(ふうじゃ)」は弱いのですが、防衛能力が特に弱っている状態だと通常より激しく症状が出てしまいます。また、ストレスや飲食の不摂生などによっても同様です。詳しくは花粉症と漢方もご覧ください。特に発症する前からの予防対策が大切です。