店主の四方山話                    TOPへ戻る





 

 第35話  免疫枯渇の話

               (アガリクスやメシマコブなどをのんでいる方に読んで欲しい!)




 近年、アガリクスやメシマコブなどのキノコ由来の健康食品が免疫力を増強するということで脚光をあびてブームになっています。免疫枯渇という言葉はまだ一般的に広く認知はされていないかも知れませんが、免疫力を増強する目的でこれらのものを継続してのんでいくと次第に免疫力を増強する力が無くなり、ついには枯渇してしまうというものです。ですから、高価なアガリクスやメシマコブを継続してのんでいても、のみ方が不適切だとそれだけの効果が得られない場合も多いと思います。


 免疫枯渇は、体内の免疫システムにいつも同じように刺激を与えて、もっと働け、もっと働けと尻に鞭を打っているようなものなのです。また、ょうど、毎日同じ食べ物を食べると飽きたり、睡眠薬などを続けると効き目が無くなってくるのに似ています。





 ただし、免疫枯渇を起こさないようにする方法もあります。

1.キノコ類をのむときに、一定期間のんで休止期間を設けて間欠的にのむ方法は、免疫枯渇
  を起こす期間を延長させます
。しかし、もっと良いのはキノコ類だけでなくその人の体質や症状に
  適合した
補益性のある漢方薬を併用すると、免疫枯渇が起きにくくなりますし、免疫力を増強す
  る働きが強くなります。



2.単一の種類のキノコをのむのではなく、複合的に数種類のものを取り混ぜて使用すると、免疫
  枯渇はおきにくくなります。もちろん、この場合にもその人の体質や症状に適合した補益性のあ
  る漢方薬を併用するとさらに効果は高まりますし、長く持続します。




3.同じものをずっと継続するのではなく、約3ヶ月周期でキノコの種類を変更していく方法もあります。
  もちろん、この場合場合もその人の体質や症状に適合した補益性のある漢方薬を併用する方が
  良いです。この方法の詳細はこちらにもあります。





         四方山話  一つ前の話へ戻る             一つ後の話へ進む