店主の四方山話                    TOPへ戻る




  

 第132話 ストレス過労と男性不妊の話




先週、男性不妊症について掲載しました。前回の四方山話で不妊症の原因が男女共通の部分が大きいと書いててみましたが、その中で男性不妊症は原因がストレスや過労によるものが多いように思います。


理由は、会社でのリストラの結果ひとりひとりの仕事が増え、残業が多くなったりすることで、ストレスが増えるのと同時に過労気味な男性が増えたことの影響が大きいように思います。


今までの男性不妊症の漢方薬の選定方法は、特に体質や状況を考えず、補中益気湯や八味地黄丸などを漠然と投与されて様子を見るだけでした。ところが、これらの漢方薬には動物由来の成分が含まれず、生殖能力を増強させる効果が弱いだけでなく、ストレスに対しての配慮が全くありません。漢方薬は、その症状が発生した原因や症状の違い、体質の違いによって適合するものが変わってくるので、これらを無視して適当に漢方薬をおのみになっても効果が出る確率は低くなります。


動物由来の漢方薬や健康食品では、至宝三鞭丸、海馬補腎丸、イーパオなどがあり、これらは、植物のみで構成されている漢方薬よりも効果が高い場合が多く、また、ストレスからの影響を少なくできる漢方薬と併用することでさらに効果を高めることができる場合があります。また、お酒の飲みすぎ、辛いものや脂濃いものの摂りすぎなどで熱を帯びた水毒が停滞し生殖機能を減退させる場合も多く、その場合には八味地黄丸、至宝三鞭丸、海馬補腎丸などの暖める漢方薬は適合せず、瀉火利湿顆粒知柏地黄丸、イーパオを併用するなど、ほてりを冷ましながら水はけをよくし生殖能力を高めるような漢方薬の組み合わせのほうが効果があります。




適切な漢方薬の選定は専門家にお任せください。詳しくはこちらでご相談ください。直接メールでもご相談承ります。kawaguchikampo@nify.com