不妊症TOPへ          TOPへ戻る

中国漢方不妊症周期療法その2

            北京首都医科大学教授   叢 法滋 先生 監修


中成薬の周期療法

  卵胞発育期
月経が来た日から
  1~12日目
   排卵期
月経が来た日から
  12~16日目
  黄体期
 月経が来た日から
   16~28日
  月経期
       
 月経が来る日
  精血不足   陰盛転陽 陽が成長し陰が少ない   陽盛転陰
  補精益血 温陽活血し、排卵
 を促進する
 温陽を主とし、兼ね
  て陰を補う
活血理気で月経
を順調にさせる



  杞菊地黄丸
    と
  婦宝当帰膠
  を投与する


排卵助孕湯3~5

1日1剤、水煎服
(1) 海馬補腎丸6丸
   杞菊地黄丸4丸

(2) あるいは
   参茸補血丸
      +
   婦宝当帰膠
 星火逍遥丸
    +
   開気丸
    +
  冠元顆粒

  
 至宝三鞭丸 
   あるいは
  海馬補腎丸
    or
  参茸補血丸
      +
   婦宝当帰膠 
           
   逍遥丸
    +
  冠元顆粒
    +
   補陽剤
例えば海馬補腎丸
   など
   海馬補腎丸
      +
   婦宝当帰膠
   温経湯
     +
   冠元顆粒
月経が終わったら
約7日間続けて服
用する
約3~5日間続け
て服用する。
 約10日間続けて服
 用する
約5日間続けて
服用する

      *川口漢方薬局 注  
この表は、叢 法滋 先生の代表的な使用例です。実際には、体質その他の状況に応じて臨機応変に使用される中成薬、漢方薬が変わります。                 


養生と食事療法

薬によって不妊症を治すほかに、生活の調節、食事療法、体質の改善なども大切なことで軽視すべきではない。

(1)体質の改善 - 食事療法

 不妊症では、炎症、肥満、痰湿阻宮、寒湿凝滞などのほか、虚弱体質、発育不良なども原因となる。従って、食事療法で体質を改善することも必要である。偏食をなくし、タンパク質や野菜、果物を充分に摂って、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、マンガンなどの元素と、ビタミンA・B・Cを補充するよう注意しなければならない。日頃からローヤルゼリー、紫河車粉、くるみ、黒ゴマなどの栄養食品を摂取することは、体質改善と生殖能力の増強に役立つものである。


(2)生活の調節

① 早寝早起きなど、規則正しい生活を行い、気持ちを晴れやかに持ち、怒らないようにする。
② 月経が来潮する時には、冷たいものを食べないようにし、冷たい水で足を洗ってもいけない。
③ 暖かさを保つよう注意する。冬期は特に気をつけ、寒邪の侵入による血脈の淤阻を防ぐ。
④ たばこや酒を控える。また、男性側も大量にお酒を飲んではいけない。
⑤測った基礎体温の変動により房事(性交渉)を指導することは、受胎率を高めるのに大いに役立つ。




                                    次のページへ