わかりやすい東洋医学へ      TOPへ戻る





       気・血・津液・精について




気・血・津液・精は、人体を構成する基本物質です。陰陽に分類すれば、気は陽血・津液・精は陰
です。気・血・津液・精は、相互に密接な関係をもって病気と対抗する正気を形成する。気・血・津液・
精の充実は健康にとって、とても大切です。
   

陽気(機能)エネルギー
津液・精 陰液(物質)





気とは様々な場面で、今日の日常でも使われます。ここで言う気とは、体内を循環する精微物質で、
機能的な面のことです。
気は、人体の生命活動におけるエネルギーを指すといっても良いでしょう。
体を温めたり、病気から身を守るのも、気の働きなのです。


気が不足するとこんな症状が出る

元気がない・疲れやすい・だるい・話し声が弱い・汗をかきやすい・風邪をひきやすい忍耐力がない・
内臓下垂                    このような症状には、気を補う漢方薬を使います

気が滞るとこんな症状が出る

おなかや胸がはる・咽や胸がつまった感じがする・ガスがたまりやすい
                      このような症状には気の流れを良くする漢方薬を使います




血は、現代の西洋医学でいう血とほぼ同様に考えて良いと思います。血は体内を循環し全身に栄養
を与えて潤す
働きがあります。

血が不足するとこんな症状が出る

顔色が悪い・動悸・爪や唇の色が薄い・めまい・立ちくらみ・不眠・夢が多い・目が疲れ
やすい・生理の量が少なく色が淡い         このような症状には血を補う漢方薬を使います

血が滞るとこんな症状が出る

しこりがある・痛みが起きやすい・刺すような固定痛・しびれ・顔色がどす黒い・シミ・
生理痛があり塊みたいな経血がおりる 
              このような症状には血液をきれいにして流れを良くする漢方薬を使います




津液・精

津液は人体に必要な体液のことで、体を潤す作用を持っています。精は、先天的に持っている成長・
発育などの生命エネルギーの基本となる物質です。


津液が不足するとこんな症状が出る

体が火照りやすい・微熱がつづく・皮膚がカサカサする・寝汗がでる・鼻唇咽が乾燥する 生理が早
まり経血の色が赤い               このような症状には体液を潤す漢方薬を使います。

精が不足するとこんな症状が出る

成長が遅れる・老化が早い・生殖能力が弱い 
                      このような症状には精を補う漢方薬を使います



                                             次のページへ続く