女性専科へ               TOPへ戻る





    生理不順        



生理が不順になる場合でも、どのように不順なのか、体質や症状によって原因が違いますので、全く違う漢方薬が適合します。こちらである程度の自己判定が出来ますが詳しくは御相談ください。


生理周期が早くなる

生理が早く来てしまうというのは、着床のために厚くなった子宮内壁を正常な期間保つことができない何らかの原因があるからです。この原因を中国医学では気虚と血熱と呼ばれる2つのタイプに分けて考えます。


1)気虚(ききょ:エネルギー不足の体質)

気虚とは、元気がない、すなわち体力がなくて内臓の機能低下のためにエネルギーをためこむことができない状態であって、そのために血が早くもれてしまう場合です。疲れやすい。食が細い。息切れ。などの体質があります。経血はうすくてダラダラ続く場合が多いです。
このような場合には元気をつける漢方薬が適合します。

気虚では生理周期が早まりますが、気虚と同時に血虚(血が不足している)状態を合わせ持っている方は、気虚の体質でも遅れます。


2)血熱(けつねつ:血に熱を持っている体質)

血熱とは、精神的な興奮状態が続いたり、辛いものや脂っこいものを摂りすぎたり、お酒を飲みすぎたり、体温が高い状態があったりして血液に熱を帯びると炎症状態になりやすいので出血が多くなり、周期も早くなります。経血は鮮紅色です。慢性化していますと淤血と言われる血の滞りも生じて経血に固まりが混じる場合もでてきます。
このような場合には血熱を冷まして炎症を除く漢方薬が適合します。




生理周期が遅れる

生理が遅れるということは、生理のもとになる血そのものが不足している血虚(けっきょ)の場合と、冷えのために血行障害を起こし生理が遅れる寒凝血淤(かんぎょうけつお)の2
つの体質があります。


1)血虚(けっきょ:血の不足)

めまいなど貧血気味で血色がなく、経血色も薄く、生理中の日数が短くなったり経血量が少ない場合です。
このような場合には血を補う漢方薬を用います。


2)寒凝血淤(かんぎょうけつお:冷えて血がながれにくい)

冷え性で、冷えると下腹部が張ったり痛んだりします。経血に暗紫色の固まりが出たりします。このような場合には血虚の薬に淤血をさらさらにする効果のある漢方薬を用います。




生理周期が早くなったり遅くなったり定まらない

生理周期が早くなったり遅くなったりして定まらない場合は、ストレスが原因の場合が
多いです。


肝鬱(かんうつ:ストレスによって気の流れが悪い)

ストレスの影響があれば、月経前にイライラしやすく胸やおなかが張る、経血量が多かったり少なかったりする、生理痛もひどいときと軽いときまちまちで、月経が早く来たり、遅く来たりまちまちである等の症候があります。
このような方は、ストレスに対処でき、気の流れを順調にする漢方薬が適合します。





生理が来なくなった

生理が来なくなった原因を中国漢方では、以下のように考えています。

1)腎虚(じんきょ)

腎虚(じんきょ)は子宮卵巣の発育不全、ホルモン分泌不足や早すぎる老化のことです。初潮の年齢が遅かったり、お産の時に大出血をしたりといった方によく見られます。若いのに年寄りみたいな症状、例えば腰がだるい、耳鳴り、夜中にトイレに起きるような症状がある事が多いです。


2)気血両虚(きけつりょうきょ)

エネルギー不足、血の不足、栄養不足による子宮や卵巣機能の低下が原因。顔色に血色が少なく、痩せていて疲れやすい、生理が遅れやすい、胃腸が丈夫でない方が、さらに痩せてしまったりした場合に多いです。


3)気滞血淤(きたいけつお)

精神的刺激、生活環境の変化などのストレスにより、血管が収縮して血流が悪くなったりホルモン分泌が悪くなって発生する。ゆううつ感や脇の痛み、イライラがあり、下腹が張ったり痛くなったりしやすい。

4)痰湿(たんしつ)

体内の余分な水分が、子宮や卵巣をむくませてしまって働きを悪くする。むくみやすく、肥満体質。毛深い。おりものが多いなどの症状があります。

無月経症も周期療法で治せる!

川口漢方薬局では、無月経症の人に、7日間は腎精や気血を補い、3日間は排卵が促進されやすくする漢方薬を交代で服用する1クールが10日間の周期療法をやっています。これは特に1.2.番目の原因の方には著しい効果があります。ストレスが原因の場合は、ストレスを避けることも大事ですが、ストレスを緩和し、血流が良くなる漢方薬が適合します。痰湿(たんしつ)の場合は水分代謝を良くしてむくみやすい体質を改善すると生理が来ます。







            経血の色と量による自己判定

生理の状態は、女性の健康状態のバロメーターであるとも言えます。不妊症などの原因にもなります。そして、その治療法はいずれも根本的な体質を改善することが出来ます。経血の色と量によっても、体のバランスを知る手がかりになります。


         

 


  月経過多(生理の量が多すぎる)の基準

           月経量の多い日には、2時間もすればナプキンがぽたぽたになる。
  月経過少(生理の量が少なすぎる)の基準
           月経量の多い日でも、朝のナプキンが夕方までもつ。



               生理の状態による簡易判別表

    (※色はひとつの目安です。)
    色  生理周期       量           その他の症状  タイプ 
   淡紅        早い     多い 薄い生理血、疲労、汗かき、息切れ  気虚
   淡紅   遅れる    少ない 不妊、めまい、目のかすみ、不眠  血虚
   紅(鮮紅)    早い    少ない ほてり、のぼせ、イライラ、寝汗  陰虚
   紅(紫紅)    早い     多い  口渇、顔面紅潮、イライラ、便秘  実熱
   暗紅   不定   多い〜少ない  胸脇部〜下腹部・乳房の張り  気滞
   暗紅   遅れる    少ない  下腹部の冷え  実寒
   暗紅   遅れる    少ない 寒がる、腰や膝がだるい、尿の異常  虚寒
   暗紅   遅れる    少ない 血塊が混じる、生理痛がひどい  淤血

                                             


(有)川口漢方薬局
住所

〒424−0888   静岡県静岡市清水区中之郷1−4−18 

静岡鉄道   県立美術館前駅 正面向かい
TEL  054-345−8991   
営業時間 午前9:30〜午後7:00(日曜祝日定休)