漢方の得意な病気へ        女性専科へ         TOPへ戻る  





 おりもの(帯下)の異常  




おりものが多くて困っている人は多いと思いますが、実際にデリケートな部位での疾患ですので、思い切って相談出来ない場合が多いのではないでしょうか?
実際に、こちらから尋ねなければおりもののことなど、ほとんど薬局の店頭で自分から話してくれる方はいません。

さて、中医学(中国漢方)では、おりものが多い症状のことを帯下病(たいげびょう)と言います。おりものの色は、白いもの、黄色いもの、白いものに赤いのが混ざるものが多く、中には青いものや様々な色のものがおりるものがありますが、特に青や様々な色が混ざるようなものは重大な病気が隠れていることがあるので、しかるべき医療機関で検査をしてもらう必要があります。また、生理的発育期の成熟期、月経期前後、妊娠初期などに膣空内に少量の透明な液体が流れ出て湿潤することがありますが、いやな臭いがなければ正常な生理現象で治療の必要はありません。

白いもの、黄色いもの、白いものに赤いのが混ざるようなおりもので検査で異常がないようなケースでは、漢方薬でちゃんと治療が出来ますし、全身的な病気の一症状として現れたり、卵胞ホルモンの分泌低下、便秘の随伴症状などから現れたりしますから、これらについては漢方薬の方が最適といえます。またトリコモナスやカンジタが原因の場合には西洋薬で治す方が良いですが、抵抗力が落ちてしまって慢性的に繰り返すような場合では、抵抗力や免疫力などを高める事の出来る漢方薬が良いでしょう。


中医学(中国漢方)では、基本的に『おりものが多い人は水分代謝が悪い人』です。そして水分代謝が悪くなる原因の違いによって、様々な漢方薬が用いられます



1.脾陽虚タイプ

食べたりのんだりした物が消化され吸収されて、エネルギーや血や体液を作り出しますが、脾
(胃腸と密接に関係がある。五臓六腑の話参照)が弱いと、エネルギーや血や正常な体液に
ならず、湿濁(すなわち汚れた不要な水毒)となってしまう。これが異常なおりものにしてしまう。
だから、脾や胃腸を丈夫にし、湿濁が出来ない体にすることが根本治療になります。

このタイプの人は胃腸が弱く疲れやすい人が多いです。食べ過ぎや飲み過ぎ、過労によってお
りものがひどくなってしまう場合もあります。中国では、完帯湯がよく使われますが、六君子湯
補中益気湯+晶三仙、山薬などを使います。



2.腎陽虚タイプ

腎(五臓六腑の話参照)が弱いと水分代謝が悪くなる。白くて薄いあるいは、暗赤色の血みたいのが混ざるおりもので生臭い。 このような人は腎陽を暖めて水分代謝をよくすることが根本治療になります。

このタイプの人は、おなかが冷える感じがあったり、手足が冷えやすい、足腰がだるい、夜中にトイレに起きる、耳鳴りがあるような人も多いです。中国では、固精丸がよく使われますが、海馬補腎丸+当帰芍薬散などを使います。



3.肝経湿熱タイプ

おりものが黄色で、陰部が熱い感じや痒みを伴う場合が多い。口が苦かったり、冷たいものを飲みたいような人に多い。

このタイプの人はストレスで怒りっぽくカッカしたり、お酒や辛い物を食べると悪化します。瀉火利湿顆粒などを使います。




4.血淤タイプ

おりものは、黄色で濃いです。のぼせ、頭痛、肩こり、下腹部の痛みなどを伴う場合が多い。

このタイプの人は淤血が原因でおりものが出ますから、淤血を除く、桂枝茯苓丸血腑逐於丸、便秘や痔があれば槐角丸桃核承気湯などを使います。


                                            

(有)川口漢方薬局
住所

〒424−0888   静岡県静岡市清水区中之郷1−4−18 

静岡鉄道   県立美術館前駅 正面向かい
TEL  054-345−8991   
営業時間 午前9:30〜午後7:00(日曜祝日定休)