トップへ戻る


漢方Q&A



自分にぴったりあった漢方薬は?


同じ病気であっても症状や体質が違うと、適合する漢方薬はそれぞれ変わってきます。
西洋医学の場合は、病名診断が付いてしまえばそれによって治療方針が決まるのですが
漢方は、病名より現在の症状や体質的なこと、一見病気とは直接関係ない愁訴が大きな
意味を持つことが多いです。西洋医学は、胃腸病なら胃腸だけを、肝臓病なら肝臓だけを
診ますが、漢方の場合は常に体全体の状態を診るのです。顔色や舌の状態なども非常に
参考になります。ですから、なるべくご本人が来局され御相談ください。もし、どうしてもご本
人においでいただけないのであれば、症状や体質のわかる方がいらっしゃればそれでも
御相談は可能です。



漢方薬は長くのまなければ効き目がわからないのでは?


病気の種類や病歴の長さ、病気の原因の根の深さによって全く違ってきます。例えば、
風邪のような急性病の場合、ひき始めであれば1〜2服のむだけで良くなってしまうこと
もあります。春先の花粉症でも服用して30分程度で鼻汁が止まったりするので、漢方薬
が遅効性であるということはありません。ただ、西洋医学でも長期に渡って治療が必要な
慢性疾患や根本的な体質改善は漢方でも時間がかかります。




子供にものめる漢方薬はありますか?

お薬が苦手な方にはのみやすい漢方薬もございます。




副作用が心配です


最近、漢方にも副作用の報道がなされています。これは、正しく漢方的な「証」にあわせ
使われたのではなく、肝機能障害→小柴胡湯というように漢方的なみたてをしないで安
易に使用されたことがほとんどです。本当は肝機能障害に使う漢方薬も人によって様々
でして、実にいろいろな漢方薬を使います。


漢方医学には、冷えている人は暖める・熱くなっている人は冷やす・水はけの悪い水浸し
の人は水はけを良くする・体の中が乾燥している人は潤すというように、同じ病気でも違
った漢方薬を用います。体のバランスの崩れ方にあわせ、これを正常化するように使用
するのが本当の漢方療法です。実際、この方法が徹底している中国では、日本での小
柴胡湯での事故などのような報告はいままでにありません。


川口漢方薬局では、本場中国の理論や経験を学び積極的に取り入れて御相談にあたっ
ていますので、ご安心ください。