漢方の得意な病気へ     女性専科へ     TOPへ戻る




         子宮内膜症        



1.西洋医学的立場から

どのような病気

子宮の内側をおおっている内膜は、低温期に増殖し排卵後に最も厚くなり、妊娠の準備をしますが、妊娠しないと剥がれ落ちます。これが月経ですが、この子宮内膜の組織の一部が子宮以外の場所(主に腹部)に飛び火して、そこで本来の子宮内膜と同様に、増殖と剥離を繰り返す病気です。月経と同じようにその場所で出血を繰り返しますが、血液の行き場がないのでその場に溜まることになります。それが周囲の臓器や組織と癒着を起こし、月経痛や腰痛などの原因となったり、不妊症の原因となることがあります。また、内膜が子宮筋層内に発生したものは、子宮腺筋症として区別されます。原因は、はっきりとは解明されていません。


症状

軽い場合は特にありませんが、進行して病巣部が大きくなると、生理痛があります。下腹部から腰にかけて激しく痛み、しかも回をかさなるごとに痛みが酷くなります。生理の時以外でも痛むことがあります。


検査と診断

症状などから子宮内膜症が疑われた場合、内診や直腸診、超音波検査、血液検査(腫瘍マーカー測定)が行われます。これらの検査でだいたいの診断ができますが、確定診断には腹腔鏡検査が必要になります。


治療法

主な治療法としては、ホルモン療法で一時的に生理が来ない状態にして、病巣部を萎縮させる方法で、現在の西洋医学治療の主流です。ただ、ホルモン療法で治らないほど病巣部が広がったものは手術です。症状が軽い場合は、鎮痛剤で痛みを抑えながら様子をみます。




2.東洋医学(中医学)的立場から

中医学では子宮内膜症のことを子宮内膜異位症といいます。異位的内膜から周期的出血があることにより付けられた病名といえます。


病因

主要な自覚症状は生理痛です。そして子宮内膜症からくる生理痛の基本的な原因は、気血の流れがストップして通じないということで「通ぜざれば則ち痛む。」と考えています。気血の流れがストップした原因は生理中や産後の子宮口が開いているとき、冷えや湿気を受けたり、精神的ストレスにより肝と脾の調和が乱れたりすることで発生します。そして、結果的に気血の流れがストップするので淤血(おけつ:血の汚れ)が出来るためだとされています。


体質や症状の違いによって適合する漢方薬が変わります。

気滞血淤
適合するのは、「気」の流れを改善して、血流を正常にしてあげる漢方薬が中心になります。

寒凝血淤
適合するのは、身体を温めて血流を正常にしてあげる漢方薬が中心になります。
気虚血淤
適合するのは、「気」を補って血流を正常にする漢方薬が中心になります。
                                          詳しくは御相談ください。


生理中の出血過多への配慮について

子宮内膜症は、半数以上の方に生理の量が多くなったり生理の期間が長くなったりして出血が多くなる傾向がありますので、生理中は必要以上に出血が多くならないようにする配慮も必要です。ですから、生理中とそうでない時に違う漢方薬を使用する場合が多いです。



生理痛への配慮について

子宮内膜症は生理痛を伴うことがほとんどで生理痛に対しての配慮も必要です。生理痛のコンテンツもお読みください。

                                           

(有)川口漢方薬局
住所

〒424−0888   静岡県静岡市清水区中之郷1−4−18 

静岡鉄道   県立美術館前駅 正面向かい
TEL  054-345−8991   
営業時間 午前9:30〜午後7:00(日曜祝日定休)