漢方の得意な病気                   TOPへ戻る

区切り線イメージ区切り線イメージ

  耳鳴り・難聴      メインイメージ


耳鳴り・難聴のことを中医学では、耳鳴(じめい)、耳聾(じろう)といい、様々多くの原因で発生すると考えられ、原因や体質の違いによって漢方薬を使い分ける。虚実の弁別が大切で、実証の多くは急に発生し耳鳴りや難聴の症状も激しいが治るのも早い。しかし、虚証は症状が緩慢に進行することが多く、治療にも時間がかかることが多い。耳鳴り・難聴の治療の難しいのは西洋医学、東洋医学ともに変わりませんが、きちんと体質や症状に合った漢方薬なら、そのほか全身の体調が良くなりながら改善します。



実証

外邪侵襲(がいじゃしんしゅう)

風熱や風邪を感受して発生する。西洋医学でのウイルスや細菌などの感染による感冒、肺炎、中耳炎、外耳炎、扁桃腺炎などに伴う耳鳴りや難聴に相当し、悪寒、発熱、頭痛などを伴うことが多い。清神散、防風通聖散、桑菊飲の加減などが適合する。


肝火(かんか)

怒りやストレスなどで、突発的に発生する激しい耳鳴りや難聴である。金属音、雷鳴、潮騒のような耳鳴りであり、難聴も重度である。張ったような耳の痛み、口が苦い、喉の渇きなどを伴うことが多い。当帰竜會丸、竜胆瀉肝湯などが適合する。


痰火(たんか)

両耳がゴウゴウ鳴ってはっきり聞こえない。耳がふさがる感じがあり、胸や腹の張りがあり痰が多いこともある。東洋医学でいう痰は、喉から出る痰のことを指すのではなく、もっと範囲が広く、体中の正常な水分が、異常な粘りけのあるものに変わったものはすべて痰であり、高コレステロールなどの状態も痰証となる。痰が耳や脳の正常な機能を阻害して発生する。温胆湯、二陳湯加味などが適合する。


気滞血於(きたいけつお)

血が汚れ流れが悪くなって発生する耳鳴り。頭のふらつきや頭痛、イライラ、胸脇の張る感じがあったり顔、唇、舌などがどす黒いことが多い。通きょう活血湯などが適合する。



虚証

肝陽上亢(かんようじょうこう

発症が緩慢で耳鳴りや難聴に増減があり、イライラしたりストレスなどで悪化する。めまい、頭痛、高血圧、顔が赤い、眼が充血する、不眠、健忘、喉や口の乾燥感、腰や膝がだるいなどの症状を伴うことが多い。降圧丸、天麻釣藤飲などが適合する。


肝血虚(かんけっきょ)

血の不足、大量出血後、慢性病、出産などで肝の血が不足して発生する。増減する蝉が鳴くような耳鳴りで、疲れたり午後になると悪化する。補肝湯、四物湯加味などが適合する。


腎陰虚(じんいんきょ)

慢性的に次第に聴力が減退し、蝉が鳴くような弱い耳鳴りで高齢者に多い。頭のふらつき、めまい不眠、口や喉の乾燥する感じ、手足がほてりやすい、ねあせをかきやすい、腰や膝がだるいなどの症状を伴う。耳聾左慈丸、耳鳴丸、杞菊地黄丸などが適合する。


腎陽虚(じんようきょ)

慢性的な難聴と耳鳴りがあり高齢者に多い。寒がる、手足の冷え、腰や膝がだるい、尿量が多く近いなどの症状を伴う。肉従蓉丸、八味地黄丸などが適合する。


心腎不交(しんじんふこう)

高齢者に多く不眠や睡眠不足で症状が悪化することが多く、聴力が減退し、耳鳴り、焦躁感、不眠、動悸、健忘、腰や膝がだるい、のぼせ、寝汗、尿が濃いなどの症状を伴う。天王補心丸、交泰丸などが適合する。



脾胃気虚(ひいききょ)

難聴・耳鳴りが疲れると悪化し、疲れやすい、食欲がない、胃腸虚弱で食後におなかがはる、軟便になりやすいなどの症状がある。益気聡明湯、補中益気湯などが適合する。



難聴・耳鳴りは、このように原因や体質が複雑ですので、適切な漢方薬の選定は専門家にお任せください。詳しくはこちらでご相談ください。直接メールでもご相談承ります。kawaguchikampo@nify.com

区切り線イメージ区切り線イメージ