真夏の病気

真夏は、暑さと暑さを避けるためのクーラーや、冷たい物の摂りすぎなどで
調子が悪くなりやすい季節です。

真夏のカゼ

真夏のカゼは、暑さによる汗の出過ぎとか、クーラーによる冷え、冷たい物の
摂りすぎなどによる体力の低下によって抵抗力不足から来るものがあります。

暑さによるカゼ
汗が沢山出て体がほてり、口が渇いて水分を沢山のみたいような状態。
こんな時には、白虎加人参湯、銀翹散などを使います。


クーラーによる冷えによるカゼ
さむけ、頭痛、節々の痛みがある状態。
こんな時には真冬に使う暖める葛根湯なども使うことがありますが、汗を強力に
出させる働きがありますので、発汗力が控えめで胃腸にも良い五積散などを使
います。


冷たい物の摂りすぎによるカゼ
さむけ、頭痛、節々の痛みなどに加え、食欲の低下、胃重感、軟便下痢などの
胃腸症状を伴う状態には、霍香正気散桂枝人参湯などを使います。

夏バテ・動悸・息切れなどの心臓への負担が心配です。

夏はじっとしていても汗が出ますので、もともと体内が乾燥気味な体質の人は、
血液中の水分が不足して、血行が悪くなりやすい上に暑さで体力を消耗してし
まい、動悸や息切れ、胸の痛みなどの心臓への負担が心配です。夏場は水分
をたくさん補給するように言われるのも、このためです。
中国漢方(中医学)ではこんな時、補気生津といって、元気をつけながら体内が
栄養を含んだ良い水分で潤うようにしていく麦味参顆粒という漢方薬があります。
水はけが良すぎて汗やおしっこが出過ぎる人は、水分を摂ってもそれが身に付
かず外にどんどん出ていってしまい、体もだるくなってしまうのです。それを麦味
参顆粒
は防ぎます。麦味参顆粒は中国名を生脈散といって弱った脈を強くする
目的で作られましたが、夏バテ防止にも有効です。


TOPへ戻る