漢方の得意な病気へ           女性専科へ              TOPへ戻る




自律神経失調
パニック障害      

                          

私たちの体は2つの神経に支配されている。

神経という言葉が初めて登場するのは、江戸時代(1774年)の有名な医学書「解体新書」です。神気の「神」と、漢方医学でいう経脈の「経」とを組み合わせてできた造語です。

神経は、私たちの体にネットワークを作り、私たちの体を支配していますが、神経そのものは大きく中枢神経と末梢神経に分けられます。中枢神経は、脳と脊髄を支配する神経で、体のコントロールセンターに相当します

       中枢神経系(脳・脊髄)
     /
神経系            運動神経系
     \         /
       末梢神経系−知覚神経系   交感神経系
               \         /
                自律神経系
                         \
                          副交感神経系

一方、末梢神経は全身に網の目のように張り巡らされた神経で、脳の命令を伝えたり、逆に末端からの情報を脳に伝えます。中枢神経が電話局とすれば、末梢神経は各家庭にはり巡らされた電線のようなものです。そして、末梢神経は運動神経系、近く神経系、および自律神経系という3系統に分類されます。


自律神経は自分の意志とは無関係に働く

末梢神経の中で、運動神経は手足を動かしたり口をとがらせたりする神経で、自分の意志で自由に動かすことが出来ます。また、知覚神経も光を感じるなど、運動神経と同様に自分の意思に従います。

ところが、自律神経は自分の意志とは無関係に、心臓や胃腸、汗腺などの働きを調整している神経のことです。例えば、
臓の鼓動の早さや汗は、自分の意志とは無関係にコントロールされていますが、この働きを行っているのが自律神経なのです。

一見、これは不便なようにみえますが、実はまことに巧妙なしくみになっています。もし、心臓が自分の意志で動くのであれば意思の働かない眠っている間は止まってしまうからです。さらに、運動神経と自律神経が連携して働く場合もあります。尿意は自律神経の意思で催しますが、それを我慢するのは運動神経の働きです。呼吸の場合も、普段は自律神経の働きで呼吸していますが、運動神経を働かせて深呼吸する事ができます。



自律神経には、交感神経と副交感神経がある。

自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経がお互いに逆の働きをすること
で体を調節しています。

心臓を例にとってみます。人が恐ろしい目にあったとき、心臓の鼓動はドキドキと早くなります。これは、交感神経が緊張したためです。恐怖が去ると、やがて心臓の鼓動はもとどおりゆるやかになりなります。副交感神経が働いて、心臓の鼓動が平常に戻ったのです。

胃や腸の場合は逆で、交感神経が緊張すると働きは鈍くなり、副交感神経が緊張すると活発
になります。このように交感神経と副交感神経は綱引きをするようにバランスよく働いて体を調節しているのです。




自律神経の働きで体温も血糖値も一定に保たれている。

自律神経は体の機能を自動的に調整するマイコン装置みたいなものです。


自律神経は体のリズムも調節している。

人間の一日の生活の中で、日中の活動的な時間帯には交感神経が優位に働き、反対に夜間には副交感神経が優位に働き、休養や睡眠をとりやすい状態に調整されます。

また、季節のうちでは、夏は交感神経が優位になり冬は副交感神経が優位になります。一生の間では、発育期や働き盛りは交感神経が優位で、老年期に入ると副交感神経が優位になります。また、男性と女性でも体のリズムは異なります。


自律神経系は、ホルモン系や情緒と関係が深い





自律神経失調で起きる様々な症状

   めまい、ふわふわ感、立ちくらみ、頭痛、神経性の頻尿動悸、息切れ、胸の違和感、

女性特有の症状     月経前症候群、分娩後自律神経失調症

子供の症状        起立性調節障害、自家中毒(周期性嘔吐症)



自律神経の働きは、漢方では「」、「」として捉える。

肝の働きの失調

          息切れ、動悸、耳鳴り、胃腸の調子がおかしいなどの身体症状



心の働きの失調

          ちょっとしたことでも気になって仕方がない、くよくよする、ゆうう
          つ感が強いなど精神症状 

「肝」「心」というのは、いわゆる漢方でいう五臓六腑のうちの五臓(肝、心、脾、肺、腎)のことを言います。五臓を参照してください。また、東洋医学と自律神経の話めまいの漢方療法もお読み下さい。