漢方の得意な病気        アレルギー専科           トップへ戻る



   じんましん その1   
              西洋医学的な立場から




アレルギー性
  − 抗原抗体反応による肥満細胞からのヒスタミンの遊離が原因

非アレルギー性 − 仮性アレルゲンによって直接的に肥満細胞を刺激、ヒスタミンが遊離

アレルギー性のものそうでないものがあり、いずれもヒスタミンという物質が皮膚下の
肥満細胞から遊離され、痒みや膨疹などが発生します。

西洋医学での治療法
抗ヒスタミン剤の内服が主体になります。抗ヒスタミン剤は、遊離されたヒスタミンと拮抗的に
働く薬です。症状が激しい時はステロイド剤も使われます。



分類および特徴

1.尋常性蕁麻疹
  皮膚は痒みをともなって紅くなり、やがて丘状性の膨疹(もりあがって多くは地図状)に
  なる。数分から数時間で消失しもとの健康な皮膚に戻る。
  突然発生し、出たり消えたり繰り返して発生する。痒みは激しい。

2.皮膚描記症(人工蕁麻疹)
  皮膚表面に書きなぞったり、手で掻くと物理的刺激をうけた部分がもりあがってふくれる。

3.血管神経性浮腫(急性限局性皮膚浮腫)
  エンドウ豆くらいから手のひらの大きさまでくらいの浮腫が、皮膚または粘膜部に生ずる。
  口唇と眼瞼に出やすい。

4.日光性蕁麻疹
  日光の刺激により発生する。

5.寒冷性蕁麻疹
  冷たい空気、水など寒冷性のものの刺激によって発生する。

6.熱蕁麻疹
  局所に熱の刺激を受けて発生する。

7.コリン性蕁麻疹
  運動、緊張、イライラするときに発生する。発汗を伴うことが多い。丘疹が細かい。

8.食事性蕁麻疹
  食べ過ぎ、あるいは特定のものを食べて発生する蕁麻疹。

9.色素性蕁麻疹
  膨疹を反復して生じているうちに、皮膚が爪甲大までの形、卵円形、紡錘形の褐色に変色
  したり、変色した部分が盛り上がって小結節となる。機械的刺激により痒みと膨疹を生じる。




                                              蕁麻疹その2へ