不妊症の症例 5

TOPへ戻る

希発月経の方の成功症例

Jさん 33歳 身長154cm 体重50km  平成14年2月19日来局

以前から月経が遅れ気味だったが、2年前流産してからさらに月経が遅れるようになり、
最近では、3〜4ヶ月に1度ぐらいしか生理が無く、基礎体温に高温期が無い。生理の量
はやや少なく、期間は5日、生理痛は軽度。冷え性で靴下を3枚重ねてはいている。皮膚
につやがない。

4年前に第1子を出産。妊娠中には腹痛や不正出血を起こしたこともあり、妊娠後半に
なって顔や足の浮腫、尿タンパクが+になるなど、妊娠中毒症もあった。


今までの経過
初めて来局した当初は、いつも婦宝当帰膠を常用し参茸補血丸を7日、冠元顆粒を3日
で交代で服用した。服用20日目で今年になって初めての生理が来潮した。生理中は、
婦宝当帰膠と冠元顆粒、低温期は婦宝当帰膠と参茸補血丸、生理開始10日目から
冠元顆粒を加えて服用したところ、15日目から高温期になった。基礎体温で高温期が
出現したのは流産後初めてだった。高温期には、婦宝当帰膠と海馬補腎丸を服用した。
高温期は安定して13日間続いて、生理が来潮した。2回続けて約30日周期で生理が
来るようになったので、4月より以下のような本格的な周期療法に移行した。

いつも服用するもの
ビタエックス

生理中
折衝飲

低温期
参茸補血丸、杞菊地黄丸、イカリソウ末、菟絲子末 
                     生理開始10日目から冠元顆粒を追加

高温期
海馬補腎丸

5月18日に、5月2日から高温期がずっと安定して続いているが、高温期の漢方薬が無
いと連絡があり、もしかしたら妊娠している可能性があるので、高温期の漢方薬を追加し
5月20日になって、高温期のままであるので妊娠診断薬を買って調べたところ陽性であ
った。5月27日に産婦人科で妊娠の診断を受けた。つわりのような症状が出てきたので
7月まで六君子湯+香蘇散、ビタエックスなどを併用して、悪心は軽減した。

8月から、参苓白朮散+婦宝当帰膠、ビタエックスを併用しているが、タンパクは+−で
浮腫などの妊娠中毒症の症状は出ていない。胎児の成長も順調で本人の体調も良い。


考察
Jさんは2人目不妊でした。流産後も仕事や家事をがんばってしまい、そのために体調が
崩れ、1年に3〜4回程度しか生理がなく、しかも高温期のない無排卵月経でした。
このような方の場合、最初は生理が順調になるように、高温期のある正常な状態を目指
し、生理周期が正常になったら周期療法に移行しますが、周期療法に移行した最初の月
に妊娠しましたので、Jさんだけでなく私自身も驚いています。第1子の妊娠中には胎動
不安や妊娠中毒で悩まされ、流産の経験もありますので、現在も流産防止と妊娠中毒の
予防の漢方薬を続けています。







不妊症1へ
漢方症例集へ戻る
不妊症タイトル