漢方の得意な病気へ        女性専科へ              TOPへ戻る




       飛蚊症           
             ひぶんしょう



飛蚊症は西洋医学ではなかなか有効な治療法が無く、歳のせいだからとあきらめている方も多いですが、東洋医学では、飛蚊症の症状の違いや体質の違いによって様々な漢方薬があります。体質や症状に合ったものが必要ですので、詳しくはご相談ください。





1.肝腎陰虚


外見上は目に異常は無く、眼前に蝿蚊状の黒い影が見えて視線を移動させるとそれにつれて影も移動し、視力の低下を伴うことが多く、目を使いすぎると両目の乾燥感、異物感、痛みが生じることがあります。

頭のふらつき、耳鳴り、腰や膝がだるく力が入らないなどの症状を伴うことが多く、高齢者に多いです。
明目地黄丸、杞菊地黄丸などが適合します。




2.気血両虚


外見上は目に異常は無く、眼前に蝿蚊状の黒い影が見えて視線を移動させるとそれにつれて影も移動し、視力の低下を伴うことが多く、目を使いすぎると両目の乾燥感、異物感、眉稜部に放散する痛みが生じることがあります。

顔色につやが無い、めまいや立ちくらみしやすい、動悸、こむら返りしやすい、疲れやすい、息切れ、ものをいうのがおっくう、胃腸が弱いなどの症状を伴うことが多く、産後の婦人や、大病後の方に多いです。
人参養栄湯、補気養血方などが適合します。




3.痰濁


外見上は目に異常は無く、眼前に旗状、蝶状の黄色い影が漂う。頭がぼーっとする、目を閉じていたい、痰が多い、胸苦しい、体が重くだるい、などの症状を伴うことが多く、美食家に多く、コレステロールや中性脂肪が高い方に多いです。
温胆湯加減が適合します。




4.湿熱


眼前に糸状、蝿蚊状のものが見えて視線を移動させるとそれにつれて移動し、物がぼんやり見える、眼の充血、頭痛、眼痛、まぶしい、口苦い、いらいらしやすい、尿が濃いなどの症状を伴うことが多く、普段から辛いものや酒が好きな人に多いです。
竜胆瀉肝湯、茯苓滑石湯などが適合します。


また民間療法として、鮑肉、石決明などを使うと良い場合もあります。



               参考文献: 中医症状鑑別診断学 中医研究院 超 金鐸 



適切な漢方薬の選定は専門家にお任せください。詳しくはこちらでご相談ください。直接メールでもご相談承ります。kawaguchikampo@nify.com