わかりやすい東洋医学へ      TOPへ戻る



       五臓六腑の話

五臓六腑という言葉は、「酒が五臓六腑にしみわたる」などと、現在でもよく使われますが、由来は
漢方(東洋医学)からのものであって、決して西洋医学の解剖学からのものではありませんし、西
洋医学の臓器等とは違っています。それについてちょっと説明してみます。



五臓

心    腎 の五臓をいう。

は、西洋医学でいう心臓のみならず大脳の働きの一部も含まれます。思考能力、
意識なども心の働き
によるものです。また、心は小腸と表裏の関係にあり、舌とも関係
が深いとされています。


は、西洋医学でいう肺のみならず、体液の代謝体温調節免疫能の一部も含み、
大腸と表裏の関係にあり、皮毛(毛穴、汗腺)や鼻と密接な関係があります。


消化器系全般栄養物の吸収とその利用に比較関係している臓です。血管か
ら血が漏れないようにする働き
や、筋肉の栄養とも関係し、胃と表裏の関係にあり、口
と密接な関係があります。西洋医学の脾臓とはだいぶ違います。
ひよわという言葉は、
脾が弱いという意味です。


は、西洋医学でいう肝臓のみならず、自律神経中枢神経の一部、血液循環の調
節、血液の貯蔵庫としての働き、胆と表裏の関係にあり、筋や目と深い関係にあります。


腎は、西洋医学での腎臓のみならず、成長、発育、生殖、泌尿器系、ホルモン
も含まれ、生命活動の根本の臓とされている。膀胱と表裏の関係にあり、腰、
骨髄と密接な関係があります。腎が弱いと、成長が遅れ老化が早く生殖能力も
弱い
のです。



小腸大腸、膀胱、三焦 

五臓は中身がありますが、腑は管や袋のようなものです。



五行学説について


東洋医学は、古代中国の哲学や自然観にのっとって発展し、約2000年前には、その基本は、ほぼ
完成していました。
                   
                        
上図をご覧ください。古代中国では、自然界を五つのものからなると考えました。
すなわち、五元素に分けて、自然界にあるものは全てこれらで構成されている
と考えられていた
のです。そして、その五元素はいつまでも同じもので有り続けないのです。

が燃えればとなる。
が燃えると灰が残りとなる
からは(属)がとれる。
(属)がとれる山からはが湧く。属を放置しておくと、滴が付く。
があればが育つ

→火→という自然の循環があり、これを相生と言います。

さらに、
を抑制する。(水は火を弱めることが出来ます)
を抑制する。(火は、金属を溶かす事が出来ます)
を抑制する。(金属は木を切る事が出来ます)
を抑制する。(木は土の養分を吸い取ってしまい、森になって土を隠してしまいます)
を抑制する。(土は水を堰き止めたり、しみこませてしまうことが出来ます)
これらを相剋と言います。


東洋医学では、この古代中国独特の自然観を人体に当てはめたのです。




一つの臓の具合が悪くなれば、全ての臓に波及する、相互に密接な関わりがあるというのが
東洋医学の考え方です。西洋医学では、肝臓が悪いとき、肝臓しか診ませんし、心臓が悪け
れば心臓しか診ません。しかし、東洋医学では常に体全体のバランスを診るのです




ですから、病人の病名が決まればそれで治療法が決まるわけではないので、体の見方や診
断方法自体がこのように違うのです。

西洋医学 
 検査その他→病名診断→治療方法の決定→治療

東洋医学 
 四診→弁証(体全体のバランスの把握)→治療法の決定→治療(漢方薬の決定)


                                                 次のページへ