女性専科へ      宿便についてへ         トップへ戻る




便秘と漢方                     

たかが便秘ですが、されど便秘、いろいろな体の不調の原因になります。中医学(中国漢方)では便秘を以下のように考え、漢方での便秘の治療法はその人の体質、便秘の原因などによって異なります。ただ、単純に腸を刺激して便を出すのではないのです。


胃腸実熱

辛い物・脂っこい物を食べ過ぎたために、胃腸に熱が生じ、腸管内が乾燥して便秘する。(熱秘)
 
このタイプは、胃腸の熱を去りながら便通をつける承気湯類麻子仁丸などがよく使われます。桃核承気湯も、また、市販の漢方便秘薬の大黄甘草湯もこの仲間ですし、ほとんどの便秘薬と言われる薬は、このタイプの人に適合するようです。割合では、このタイプに属する人が一番多いです。


肝鬱気滞

精神的ストレスにより腸管が痙攣状態になり便秘する。 (気秘)

この場合は、激しく便意を催すがトイレに座っても排便しない、抑うつ感、げっぷが出やすい、腹満、胸脇部の張る感じが強い、女性であれば乳房がはるなどの症状があり、ストレスや情緒の変動で便通の調子も良くなったり悪くなったりします。旅行にでかけると便秘するというのもこのタイプがほとんどです。使う漢方薬は、開気丸+調胃承気湯とか、星火逍遥丸+調胃承気湯などを使います。



脾肺気虚

腸管を動かすエネルギーが不足しているために腸管が便を輸送出来ない。疲れやすい人に多
い。
(虚秘)

このタイプは、数日間排便が無いのに腹部に苦痛がなく、排便時に汗が出て息切れする、排便後に疲労脱力感がある、胃下垂、脱肛があるとか経産婦に多いです。また、西洋医学でいう弛緩性便秘はこのタイプが多いです。処方は補中益気湯に蜂蜜や少量の緩下薬を併用します。このタイプの人で通常の便秘薬で普通に排便がある場合でも、補中益気湯を併用すると、今まで使用していた便秘薬の服用量を大幅に減らすことが出来ることが多いです。

またこのタイプの方は下剤をのみたくないあまり、食物繊維系の健康食品などを摂取しても効果がなくおなかが張るだけの方がいます何故か?というと、腸を動かすエネルギーが不足の状態で、良い便の材料を作る為の食物繊維を摂取しても、腸が動けないために、腹にたまるだけになってしまうからです。



血虚

血が不足したり、体内の必要な水分が不足して腸管も乾燥してしまって便秘する。(燥秘)

このタイプは、喉の乾燥、痩せているあるいは痩せてきた、皮膚がかさついて潤いがない、熱病の後だったり、出血性疾患を持っていたりする、腸管内が乾燥するためコロコロのうさぎの糞のような便。このタイプは、腸を潤して便通をつける潤腸湯などを用います。また、麻子仁丸も使うことが出来るでしょう。また、このタイプは特に胡麻や蜂蜜を補助的に食べることで効果が高まりますし、イサゴールなどの食物繊維は、腸の乾燥をも防ぎますので一定の効果があります。

寝たきりのお年寄りで便がコロコロの人は、タイプ3)と4)を併せ持っているような方が多いです。
その場合には補中益気湯+潤腸湯もしくは麻子仁丸が良いと思います。



脾陽虚

体を温める力が不足し、腸管が冷えたために便秘する。(冷秘)

このタイプは、手足が冷える、寒がる、温暖を好み寒冷を嫌う、尿量が多くうすい、腹痛がある場合、暖めると軽くなり冷えると悪化するなどの症候があり、自然に排便するときには便の最初だけが硬く、後は柔らかいか水様便になることもあります。人参湯+少量の緩下薬などを使用します。

また、このタイプの人は、薬局などで普通に売られている便秘薬、医師から処方される便秘薬で自分の体に合うものは極めて限定されると思います。何故かと言えば、緩下剤のほとんどが漢方的には冷やす薬だからです。コーラック、大黄、センナ、アロエなども冷やす部類に入ります



便秘と同時に他の悩みも解消!

便秘は、様々な症候や疾患に付随する形で存在する事が多いので、これらのことがらを考慮に入れながら同時に対処する事が多いです。全く別の悩みで漢方相談される場合でも、もし便秘があったなら、治したい別の症状と同時に対処できる場合が多いのです。例えば、皮膚病などで御相談される場合、胃腸の状態、便通の状態は必ず質問しますが、便秘の体質の人とそうでない人では適合する漢方薬が違ってくる事もあるからです。

皮膚病なら皮膚だけ便秘なら腸の状態だけを診る西洋医学とは違って、体全体のバランスの崩れがどのようになっているのかを判断して、それによって適合する漢方薬は決まるのです。そして、皮膚病と便秘に対して同時に効果のある漢方薬もあるのです。




                                              宿便についてへつづく

   

(有)川口漢方薬局
住所

〒424−0888   静岡県静岡市清水区中之郷1−4−18 

静岡鉄道   県立美術館前駅 正面向かい
TEL  054-345−8991   
営業時間 午前9:30〜午後7:00(日曜祝日定休)