漢方の得意な病気        アレルギー専科           トップへ戻る



          スキンケア                
           アトピー性皮膚炎その3



 スキンケアについて、いろいろな情報が飛び交って何をやったら良いのかわからない方がほと
んどです。それもそのはず、万人に良い画一的なスキンケアはないからです。アトピーなどの慢
性に経過する皮膚病では、スキンケアが非常に大切です。症状の軽いアトピーの場合、なるべく
ステロイド外用剤を使わずに,スキンケアで対処したいところです。


 スキンケアの目的は、アトピー体質の方の皮膚のバリアー機能は通常の方の皮膚に比べて低下
しているので、これを正しいスキンケアをすることで補ってあげる
ことです。スキンケアだけではアト
ピーは根治出来ませんが、非常に重要です。




  スキンケアの基本    

    皮膚の状態にあわせ、適切なものを選択する

皮膚がジュクジュクし、湿潤しているような方はさっぱりさせるようなものを使う。皮膚がカサカサ
乾燥する方は、潤うようなものを使う。季節によって症状が変わるなら季節によって使うものを
変える。

    決して刺激のあるものは使わない

皮膚に強い刺激を与えるとアトピーは悪化します。刺激性のあるものは絶対によくありません。
スキンケア用品でなくても、海水や温泉の水(特に硫黄の含有した温泉)は高い確率で悪化しま
す。その他、強い熱や光線の刺激も悪化させることが多いです。
   

    患部は常に清潔に

基本はシャワーやお風呂です。成人アトピーは、特に汗の溜まる部位に出やすいです。ぬるめ
のお湯(熱い刺激は良くない)で朝もシャワーを浴びるのは良いことです。顔の場合、汗をかいた
ら肌にあったもので洗顔してスキンケアをまめに行うのがコツです。





 正しいスキンケア用品の選び方


アトピー体質の方の皮膚は、何にでもかぶれる可能性があると思って頂いて結構です。たとえ、
それが敏感肌用の化粧品であろうと、ベビー用のものであろうと、自然派化粧品であろうと同じ
です。ですから、必ず試供品などで肌に合うかどうかテストしてください。川口漢方薬局では、ス
キンケア用品の
試供品を豊富に取りそろえています。ご希望があれば無料で差し上げています。

中には、長いこと同じ化粧品やスキンケア用品を使用していたものが実は自分の肌に合っていな
かったような方もいらっしゃいます。化粧品やスキンケア用品を使用している部位が特に肌の調
子が悪い方は、一度疑ってかかることも必要です。

    

   クリームについて

クリームは、油と水が混在しています。普通は油と水は混ざりませんね。これを混ぜてクリームに
するためには、必ず界面活性剤を使わなければなりません。たとえ自然派化粧品であってもベビ
ー用のクリームであっても必ず界面活性剤は入っています
。界面活性剤に敏感な人は、スキンケ
アに使用するクリームも、あるいは外用医薬品の基材のクリームも、慎重に選択する必要があり
ます。特に、香料の入ったクリームは、香料でかぶれるケースが多いので要注意です


   ローションについて

ローションにもいろいろな成分が混入しています。例えば、しっとり感のあるローションには保湿剤
が含まれています。保湿剤が肌に合わずかぶれることもありますので、要注意です。




    アトピー性皮膚炎その1へ     ステロイド剤について     食事について