漢方の得意な病気       TOPへ戻る


  秋に多い病気




秋は、日中と朝夕の気温差が大きく、また湿度もかなり変化します。また、暑かった夏のバテを引きずっている場合もあるため、この時期に多くなる病気があります。


秋の漢方カゼ薬

秋は、秋特有のカゼが多くなります。秋のカゼの症状で多いのは、喉や鼻の中の乾燥感です。

鼻や喉の乾燥感があり、体がほてる、口が渇く

ような症状があるときは
                 桑杏湯
                               などを使用します。


鼻や喉の乾燥感があり、さむけ、口が渇かない

ような症状があるときは
                杏蘇散
                               などを使用します。


梨の皮は、肺陰を養うので秋口に食べるのはとても体に良いです。梨を食べるとき皮まで食べるようにすると良いです。秋の漢方カゼ薬の代表的な方剤である桑杏湯には、この意味で梨皮が配合されているのです。

*桑杏湯    桑葉、杏仁、沙参、貝母、豆鼓、山梔子、山梔子、梨皮




喘息


喘息は年間を通じて一番多くなるのが秋です。気温や湿度の変化に対して敏感なこの病気は、秋から初冬にかけて悪化する方が多いです。喘息に良い漢方薬は沢山あります。症状が激しい時と、症状がほとんど無いか、あっても軽い時に使う漢方薬は同じ患者さんでも変わります。

症状が激しい時

痰が、薄く白く、量は多い時

          小青竜湯 
          麻黄細辛附子湯
          平喘顆粒(蘇子降気湯)
          射干麻黄湯 (射干、麻黄、生姜、五味子、細辛、紫苑、
                   款冬花、大棗、半夏)

             
                                      などを使用します。

痰が、黄色で粘く、出にくい時
          
          麻杏甘石湯
          五虎二陳湯
          定喘湯 (白果、黄岑、桑白皮、麻黄、杏仁、半夏
                款冬花、蘇子
)
                   
                                     などを使用します。



症状が軽いかほとんど無い落ち着いているとき

咳、息切れ、汗が出やすくさむけが多い、かぜ引きやすい 
顔色白い、倦怠感、食欲不振、軟便下痢    があるような体質の方

          衛益顆粒(玉屏風散)
          参苓白朮散 
          香砂六君子湯
          麦味参顆粒+苓桂朮甘湯
          生脈散+保元湯


                                     などを使用します。

咳、息切れ、息苦しい、粘る出しにくい痰、喉の乾燥感 
腰膝だるい、耳鳴  ねあせ、手足のほてり   があるような体質の方 
   

          養陰清肺湯
          金水六君煎

                                     などを使用します。

息切れ、動くと悪化する、動くと呼吸困難になりやすい
畏風神疲、自汗、腰膝だるい、耳鳴      があるような体質の方


          麦味参顆粒+海馬補腎丸、至宝三鞭丸
          双料参茸丸+平喘顆粒

                                     などを使用します。


                               詳しくは、喘息1喘息2、もご覧ください。